出版部トップ 歴史 平安勅撰史書研究(再版) 一覧ページに戻る

平安勅撰史書研究(再版)

著者
皇學館大学史料編纂所准教授
遠藤 慶太 著 
出版年月日
平成19年12月
製本
A5判 331頁
ISBN
978-4-87644-131-0
本体価格
5000円

※表示価格は全て税抜価格です。

詳細説明

自明のごとく「正史」・「国史」と呼ばれてきた六国史(本書の対象は五国史)を、成立の枠組み・〈勅撰性〉から問い直し、その政治性に留意した上で、各史書の編纂過程の傾向・政治事件の叙述等を論じる画期的な書。内容は本文継承に関わる書誌学的考察(写本研究)と、各史書の性格を照らし出す本文考察との二部構成。

目 次

序 勅撰史書の本文と枠組み
第一章   勅撰史書の書写と印刷
第二章   『日本後紀』の諸本と逸文
第三章   『続日本後紀』の写本について
第四章   『続日本後紀』現行本文の問題点
第五章   『文徳実録』の写本について
第六章   『三代実録』の写本について
第七章   国史編纂と素材史料
第八章   『続日本紀』の同時代性について
第九章   『晋書』および『続日本紀』
第十章   『日本後紀』における歌謡の位置
第十一章 『続日本後紀』と承和の変
第十二章 『文徳実録』と春秋
第十三章 『三代実録』と『類聚国史』
結 勅撰史書 研究の展望